クラシックライブサロン コンサート 生演奏 大阪市北区(北新地)「SALON D' AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ)」

HOME クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地

Concept クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地
音楽は、人生の大切なツール
オーナー挨拶

Introduction クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地
営業案内・アクセス
ライブスケジュール
イベント情報 
イベント情報 お客様参加型

About SALON D' AVENE クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地
ピアノ紹介              (ベーゼンドルファー)
お客様ご出演日

MENU クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地
料金システム
フードメニュー
ドリンクメニュー
パーティープラン
コンサートプラン

 Information クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地
フェイスブック
1/f ゆらぎブログ
出演者・スタッフ募集
よくある質問
お問い合わせフォーム

クラシックライブサロン 大阪市北区 北新地


                   ふたつの『E』にて、心からのおもてなし。

ひとつめの『E』は “Elegant”。
生演奏が流れる優雅な癒しの空間をお届けする《都会のオアシス
ふたつめの『E』は “Entertaining”。
心躍る感動の時間をお贈りする《コンサートナイト
ワインを愉しみながら、食事を召し上がりながら、コーヒーを飲みながら、
クラシック生演奏をごゆっくりお楽しみください。

10月のスケジュールをアップしました!!

第22回 フォーマルお客様ご出演日10月28日開催! エントリー承り中!!

第14回 堂島リレーコンサート11月12日に開催! エントリー承り中!!

スタッフ募集!! 詳しくはこちらをクリックしてください。

フェイスブックにてライブの様子や日々の情報をアップしています!

イベント情報

10月14日 アキ・リッサネン ピアノコンサート 〜ジャズの真髄を堪能するひととき〜

アキ・リッサネン AKI RISSANEN FROM FINLAND JAPAN TOUR 
非常に音楽的で情熱的、ソウルフル。
高いエナジーの持ち主。
近年最高の若手ジャズピアニストの一人だ。
デイブ・リーブマン

プロフィール
アキ・リッサネン Aki Rissanen
フィンランド、クオピオ出身のジャズピアニスト。パリ国立音楽院、シベリウス音楽院で学ぶ。
2004年モントルージャズフェスティバルのコンペティション第2位、およびスタインウェイ賞受賞。
2003年、2004年Young Nordic Jazz Comets フィンランド最終コンペ優勝。
2006年フランス・La Defense ジャズ・コンペ(ベスト・ソロイスト/レパートリー)、
最新のトリオアルバム「AMORANDOM」がフィンランドのグラミー賞"EMMA AWARD"受賞など
国内外で高い評価を受ける。
また著名なミュージシャンとの共演など、近年最も活躍しているピアニストの一人である。

開演 13:00(12:00開場)

料金 ¥3,500 (1ドリンク&1プレート付)  

10月16日 エツィオ・ギバウド&アンドレア・モッチ デュオコンサート

クラシックアコーディオンとサクソフォンの調べ 〜イタリアの風をのせて〜
洗練されたテクニックと豊かな音楽性にてクラシックアコーディオンの可能性を 追求し続けている、
イタリア人アコーディオン奏者エツィオ・ギバウド氏。
クラシックのレパートリーはじめ、作曲家とのコラボレーションにて新曲の研究や紹介に精力的に取り組んでいる、イタリア人クラシックサクソフォン奏者アンドレア・モッチ氏。
イタリア国内にとどまらず、ヨーロッパやアメリカなど世界各地にて活躍の二人のアーティスト。
素晴らしいデュオの熱き調べを身近で是非ごゆっくりご堪能ください。

出演
エツィオ・ギバウド Ezio Ghibaudo アコーディオン
1986年イタリアに生まれる。イタリアのアオスタ・パレッジァート音楽院首席卒業、ドイツのヴュルツブルク音楽大学修士課程修了。20以上のコンクールにて優勝および入賞。2012年イタリア政府の教育・大学・研究省主催イタリア芸術賞ではバッハの演奏に対し最優秀演奏・解釈者として奨学金を受ける。第65回ユネスコ国際音楽世界賞杯、第63回アコーディオン・ワールドトロフィ、イタリア代表。

アンドレア・モッチ Andrea Mocci  サクソフォン
1985年イタリアに生まれる。サッサリ音楽院、ミラノ音楽院のサックス科と室内楽科の修士課程を満点にて卒業。国際音楽祭はじめ、国内外にて数多くのコンサートに出演。またソロ、室内楽において多数のコンクール優勝または入賞。2012 年ピアニスト中ノ森めぐみとデュオ・ヴァーグ結成、ベッラージョ、カマイオーレ室内楽コンクール優勝、2016年CDリリース。パレストリーナ音楽学院サクソフォン科教授。

曲目
J.S.バッハ「ソナタBWV1020」  ボルヌ「カルメン幻想曲」  ピアソラ「6つのタンゴ・エチュード」 他

演奏
20:00/21:00
(19:00開場) 30分2ステージ

料金 ¥5,000 (1ドリンク・1プレート付) ※2ステージ通してお聴き頂けます。

落語とクラシックの夕べ 大好評につきシリーズ続篇! 次回は12月8日開催!!
「落語×クラシック音楽」
アヴェンヌが贈る和と洋の伝統が織りなす新たな世界!

古典落語はもとより、英語落語、あらゆる分野への造詣の深さを物語る創作落語、執筆はじめラジオやテレビなどメディアでも活躍中の落語家、桂福丸さんを迎えて、「落語」と「クラシック音楽」の異色のコラボレーションをお贈りします。
毎回一人づつ作曲家を取り上げ、福丸さんが小噺を披露!
そして、素敵な精鋭アーティストの方々が、それぞれの作曲家の作品を特集にて演奏!!
また、桂福丸さんの高座もお楽しみいただけるスペシャル企画!!
高度なテクニックに表現力、豊かな感性、弛まぬ研鑽の上に成り立つ落語。江戸時代にはじまり、長い時を経て継がれ愛されてきた日本の素晴らしき伝統芸能を是非ご堪能ください。

『ラク楽classic 2017』   
【出演】
桂 福丸 Fukumaru Katsura 落語家
灘中学灘高校卒業後、京都大学法学部に進学。卒業後は英語落語を学びアメリカでも公演を行う。2007年2月、4代目桂福団治に入門。「福丸」の名付け親は作家の藤本義一氏である。同年3月、高石アプラホールにて初舞台を踏む。その後、天満天神繁昌亭ほか、各地の落語会・講演会に出演中。2013年にはクラシック音楽と落語のコラボレーション「寄席クラシックス東京・代々木公演」に12カ月連続で出演。2014年に大阪・新歌舞伎座でも公演。2014年4月、自身の体験を基にしたビジネス書「怒られ力〜新社会人は打たれてナンボ!」出版。

3月30日(木曜) 〜第七巻 ブラームス〜
横山 亜美 ヴァイオリニスト ・ 内野 佳子 ピアニスト
「ヴァイオリンソナタ第3番 ニ短調 作品108」 他
※終了しました。

6月23日(金曜) 〜第八巻  チャイコフスキー〜
ピアノデュオSORA 大谷 洋子・寺嶋千紘 ピアニスト
三大バレエ組曲
「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」より
※終了しました。

9月15日(金曜) 〜第九巻  ドビュッシー〜
徳山 美佳 ピアニスト
『ベルガマスク組曲』より「プレリュード」「月の光」
「水の反映」 他
※終了しました。

12月8日(金曜) 〜第十巻  シューマン〜
山口 和子 ソプラノ歌手 ・ 西村 彩 ピアニスト
歌曲集「ミルテの花」Op.25より
「アベック変奏曲Op.1」 他

【開演】 全公演 20:00(19:00開場)

【料金】 全公演 各¥5,000 (1ドリンク&1プレート付)

音楽×哲学 コラボレーションの試み  6月11日シリーズ第1回開催!
「音楽×哲学」コラボレーション企画趣旨

「音楽」とは、楽曲を通じて「言葉を介さず」あるいは「言葉を音化して」自己や世界を表現し、創造する試みである、と定義すれば、「哲学」とは、あくまで「言葉の原義や字義に徹底的にこだわり」自己や世界の真理を「言葉」で探求し、「言葉」の枠内で表現しようとする試みである、と定義できます。その意味で「音楽×哲学」とは互いに接近・交流しつつ、互いに離反し合う存在であるといえるでしょう。
そこで本企画では、音楽と哲学のコラボレーション、あるいは音楽と哲学との「接点と境界」というコンセプトで、音楽に造詣の深い哲学者(ジャンケレヴィッチ、アドルノ他)の言説をもとに、音楽を「哲学」で語ること=「音楽の哲学化」の意義と妥当性をシリーズで検証します。毎回作曲家別にテーマを設け、演奏家による当該作品の生演奏を聴きながら、演奏家を交えた対談形式で哲学者が語る「音楽」の言葉を吟味しながら、作曲家が表現しようとした「音楽」の本質に迫ります。

企画編集 ソフィア・ファクトリー (Sophia‐Factory)

講師:今本 秀爾(ソフィア・ファクトリー代表)  
早稲田大学、東京大学大学院に学び、卒業後に渡欧。 カール・ヤスパースやカール・ポパー、ハンナ・アーレント、フランクフルト学派などの研究をベースにした西欧近・現代社会思想を軸に「哲学的リベラリズム」の立場を提唱し、これまでにドイツ、オーストリア、アメリカなど世界30ヶ国以上の大学や研究機関の招聘を受け、哲学や倫理学および社会科学分野で研究・講演活動を重ねる。現在は大学で教鞭を執るかたわら、市民レベルでの哲学の普及をめざし、2016年哲学と音楽との対話を図る活動団体「ソフィア・ファクトリー」4を設立、関西各地で哲学の古典を読み解く読書会形式の「哲学カフェ」を主宰中。
主著『リベラル・パワー 日本病理社会・再生の条件』(郁朋社)ほか、論文・書評・翻訳など多数。 ホームページ http://ecoxia.webnode.jp


第1回 テーマ:『ピアノを弾く哲学者』
〜ニーチェ・サルトル・バルトとピアノ楽曲によせて〜
2017年6月11日(日曜) 15:00〜17:00
演奏: 西 恵里夏(ピアニスト)
ショパン
「舟歌」 「ノクターン第6番」 「幻想即興曲」
シューマン
「パガニーニのカプリスによる6つの演奏会用練習曲第2番」
「クライスレリアーナ」より第3番
※終了しました。

◆第2回 テーマ:『楽興の時』
〜シューベルトとアドルノの音楽理論によせて〜
2017年9月9日(土曜) 15:00〜17:00
演奏: 西村 彩(ピアニスト)
シューベルト
「楽興の時」より第3番、第4番、第5番
「即興曲作品142」 より第3番
「さすらい人幻想曲」 より終楽章
※終了しました。

◆第3回 テーマ:『リスト〜ヴィルトゥオーゾの冒険』
〜ジャンケレヴィッチとピアノ楽曲によせて〜
2018年1月27日(土曜日) 15:00〜17:00
演奏: 有馬 みどり(ピアニスト)
リスト『超絶技巧練習曲』より
第4番「マゼッパ」、第11番「夕べの調べ」
第12番「雪かき」
『3つの演奏会用練習曲』より 第2番「軽やかさ」

ミルフィークラリネットアンサンブル 2017年ライブスケジュール

   

その他のイベント情報はこちら

ライブスケジュールはこちら

アットホームで個性あふれるパーティーを
パーティープラン 自宅へお招きするような寛いだ雰囲気の中で、
お好みのパーティーを開いてみませんか。
「音楽会の後に打ち上げパーティーをしたい!」
「研修会と懇親会をセットで、生演奏も愉しみたい」等々の
ご要望にもお応え!
音楽サロンならではのプランを様々ご用意しております。
←料金等、詳しくはこちらをクリックしてください。

コンサート、発表会、音楽イベントに 《平日昼間は2時間25,000円ピアノ使用料込み!!》
コンサートプラン ケーキと紅茶でくつろぐティーコンサート、
グラス片手にちょっとお洒落なカクテルコンサート、
食事をゆっくり楽しみながらのディナーコンサート…
アヴェンヌでは思い思いのスタイルで演奏会を
開いていただけます。手作りの温かさがこもった、
貴方だけのオリジナルコンサートを演出してみませんか?
←料金等、詳しくはこちらをクリックしてください。

大切な時間に添える音楽の贈りもの。
  生演奏でパーティーを華やかに演出しませんか。
  ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、フルート…
  ソロやデュオ、トリオなどご希望の編成にて音楽を
  お届けいたします。

  各種イベント、パーティーなどへの演奏家派遣も承ります。
  詳しくは当サロンまでお問い合わせください。
  ◆ CONCEPT ・・・・・・・  音楽は、人生の大切なツールオーナー挨拶
  ◆ INTRODUCTION ・・・  営業案内・アクセスライブスケジュールイベント情報
  ◆ 各種プランご紹介 ・・ パーティープランコンサートプラン


Access Map
                                                     ▼ 地図をクリックすると拡大表示します。
SALON D’AVENE

■営業時間
月〜金 19:00-23:00
※土日祝は貸切・イベント時のみ営業いたします。

■所在地
〒530-0003
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビルB1F
(船大工通り北側)

■TEL
06-6344-0939

【アクセス】
◆ 地下鉄淀屋橋駅F番出口より徒歩6分
◆ JR北新地駅より徒歩8分 ◆ JR大阪駅より徒歩12分
◆ 京阪電鉄大江橋D番出口より徒歩4分
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビルB1の地図

PAGE TOP

SALON D' AVENE HOME
◆Concept -コンセプト-
音楽は、人生の大切なツールオーナー挨拶

◆Introduction -イントロダクション-
営業案内・アクセスライブスケジュールイベント情報

◆About SALON D' AVENE
スタッフ紹介ピアノ(ベーゼンドルファー)紹介フォトギャラリーお客様ご出演日

◆MENU -メニュー-
料金システムフードメニュードリンクメニューパーティープランコンサートプラン

◆Information -インフォメーション-
1/f ゆらぎブログ出演者・スタッフ募集よくある質問お問合せフォーム

COPYRIGHT(C)2011 SALON D' AVENE(サロン・ドゥ・アヴェンヌ) ALL RIGHTS RESERVED.